PLACEの幸本さんとキャッチアップ!

当協会のまちづくりスクールやオンラインイベントでいつも現地からリアルなレポートをしてくれるランドスケープ&アーバンデザインファーム PLACEの幸本さんが一時帰国されていたのでキャッチアップさせて頂き、世田谷近郊のクリエイティブな企業を訪問してきました。

アメリカではワクチン接種がかなり進んでいて、もう街中のドラッグストアでもワクチン入手し簡単に接種ができるとのことで、だいぶ街にも活気が戻ってきたとのことです。特に昨年のデモで被害のあったダウンタウンも徐々に街歩きをする人も増えてきたので、この夏頃にはだいぶ以前のポートランドの雰囲気が戻ってくる期待感があるそうです。また郊外を中心に引き続きベイエリアや他州から移住してきている人が増えているようで、コロナでより働き方を多様化する流れが進んでいるようです。

当日は二子玉川のふたこビール醸造所でお話しさせていただいのち、現在7月中のオープンを目指して絶賛DIY中の瀬田醸造所の見学をさせて頂きました。なんと、この醸造所の立ち上げをしているブルワーさんはポートランドではありませんがオレゴン州の州都であるセーラム市の出身というつながりです!もともとは鰻屋さんだったところをDIYして、本当に街中のマイクロブルワリーを目指されています。装置産業的にはやはり大きな設備が導入できない民家では難しい面もあるようですが、クラフトビールが盛んなポートランド・オレゴン州もスタートは自宅ガレージで作り始めたビールだったりすることもあるので、ここからまた色々発展されていくことも期待されます。今はまだコロナ対策で時間や人数の制限もありますが、2階には雰囲気のあるテラスもあるので、夕涼みしながら出来立てのクラフトビールを飲むなど地元の方々にはサードプレイス的な存在になりそうです!

環八沿いの表玄関(元鰻屋さんだった和風なエントランスになります)
玄関脇にあるビール作りで使う水を溜める貯水タンク
オーナーの市原さんから各タンクの説明をお伺いする
2階の奥にあるテラス

続いて、世田谷のお隣狛江市にあるキャンピングカー(バン)のレンタル・販売をしているDream Driveを訪問しました。ポートランダー(ポートランドの人々)は本当にキャンプが好きで、コロンビアスポーツやKeenなどのアウトドア関連のメーカーもたくさんあります。幸本さんもよくキャンプに行かれれるとのことで、オーナーのJaredさんに色々とお聞きされていました。Dream Driveでは単にキャンピングカーを作ってレンタル・販売するだけでなく、利用する方々(インバウンド客)などがもっと楽にバンライフを楽しめるよう、キャンピングカーが利用可能な施設のマップ化や、実際に地方の自治体とタイアップしたプロモーションなども手がけており、非常に大きなビジョンを持たれています。道路事情の問題もあり、すぐにアメリカに輸出はできませんが、いつかオレゴン州でDream Driveのキャンプバンで旅行できる日が来れば良いなと思いました。

オーナーのJaredさんと
現在新しいデザインのキャンピングカーへ改造中
工房の様子

幸本さん、お忙しい中お付き合いいただきありあとうございました。また7月10日のオンラインシンポジウムではどうぞよろしくお願いいたします!

(写真撮影以外はマスクをしております)

事務局
井上